◆◆とある公務員の備忘録◆◆

物事を難しく考えがちな私がつれづれと気軽に難しい話をする場

iPhone用表計算ソフトの比較

取り急ぎ、自分のアプリ選別用に調べた機能の対応状況をメモしておきます。
オススメはiPhoneExcelです。

【機能対応早見表】

機能 Numbers Excel スプレッドシート
フィルタ ×
並替え ×
ピボットテーブル × 更新のみ 更新のみ
全半角入力の既定化 表示形式で可 切替ボタンで可 表示形式で可
曜日表示 日付の表示形式7種あり 表示形式1種又はTEXT関数 なし
TEXT関数 ×
別シートの参照 × ×
開封パスワード ×




■フィルタ&並び替え


【Numbers】
ナンバーズはどちらも出来ません。
これ割りと出来てほしい機能なんですよね。。。


【エクセル】
スプレッドシート
どちらもフィルタをかけることが可能です。
そして、フィルタ機能としての並び替えが可能です。
ただし、PC版Excelのように、選択範囲だけの並び替えや、同時に複数列を並び替え条件にしての並び替えはできません。
複数列を条件に並び替えをしたい場合は、同時ではありませんが、複数回並び替えをすればできます。この場合は、優先順位の低い列から順に並び替えを行います。(PC版Excelでもこの方法による並び替えは可能です。)




■ピボットテーブル


こちらも、わたし的には欲しい機能です。
出来るかどうかで、表の組み立てが変わります。
あとでクロス集計したいものを、ピボットできるなら、属性を全てデータとして入力すれば良いものを、ピボットがないと、クロスさせたい属性を初めから項目として列(フィールド)にもたせて入力する形にせざるを得ません。
あるいは、SUMIF関数やSUMPRODUCT関数で集計する表を作る必要が出たりします。


ところが、さすがにこの機能は、どのアプリも新規作成機能まではできません。負荷が大きいんですかね?
でも、更新なら出来るiPhoneExcelスプレッドシートの配慮は嬉しいです。


【Numbers】
ナンバーズは新規作成も、作成済みピボットテーブルの更新もどちらもできません。


【エクセル】
こちらは新規作成は出来ませんが、PCなどで作っておいたピボットテーブルの更新ならできます。
セルを選択後、さらにタップすると開けるメニューで「更新」をタップすれば、データシートに入力した内容を再度集計して更新できます。
さらに、レポートフィルターまで選択し直すことが可能です。これはスプレッドシートではできないものです。


スプレッドシート
iPhoneExcel同様、新規作成はできませんが、更新はできます。
しかもこちらは、データシートの入力が即時反映されるので、更新処理を流し直す必要がありません。
そのかわり、PC版でレポートフィルタを作っておいても、こちらは無効化されちゃいます。
惜しいですね。



■全半角入力の既定化


【Numbers】 ナンバーズは、表示形式(このアプリではフォーマットと呼ばれる)で数字や通貨にしてあるセルについては、セル編集時に初めから数字入力することが出来ます。同時に、PCで全半角キーを押した時のように、半角入力状態になるので、改行を1回タッチするだけで次のセルに移れます。

逆に、表示形式をテキストに設定をすれば全角・日本語への既定化も可能で、直前のセルで数字入力をしていても、編集するセルをこのセルに切り替えると全角・日本語入力に自動で切り替わります。


スプレッドシートGoogleスプレッドシートでも、Numbersと、同様表示形式を利用しての既定化が可能です。

さらにスプレッドシートは、表示形式を日付にした場合も、初めから半角・数字入力になるので便利です。こちらはNumbersでは効かない制御です。


【エクセル】
一方、iPhoneExcelですが、こちらは表示形式による制御はできません。

そのかわり、全半角ボタン的なものをタップすると半角入力状態になります。

まず、入力したいセルをダブルタップして編集モードに入ります。

すると数式バーの下に

こんなボタンがありますのでこれを押します。

すると、入力キーが、

こんな数字入力用のキーボードになり、改行キーを一回タップすれば次のセルに移れる、半角入力状態になります。

便利かどうかは使う目的次第かなーという気がします。
パンチ入力のように、ひたすら数値を打ち込む作業なら便利でしょうけど、できれぼiPhoneでそんな作業はしたくないものです。



■曜日の表示/TEXT関数



【エクセル】
エクセルは表示形式では1種類しかありません。
「YYYY年M月D日○曜日」という表示だけです。

その代わり、TEXT関数が幅広く使えます。
(ただし、何故だか関数子はカタカナとなります。)
 例「テキスト(A2,"@")」

そのため、
・ 和暦表示 …テキスト関数(参照先,"ggge")
・ 曜日(1字)…テキスト関数(参照先,"aaa")
・ 曜日(○曜日)…テキスト関数(参照先,"aaaa")
などなど、pc版同様、様々な表示が可能です。

【Numbers】
NumbersはTEXT関数自体が使えません。
その代わりに、表示形式(当アプリでは「フォーマット」と呼ぶ)の「日付」の中に7種類の表示形式が用意されています。
 例 「2018/1/1 (月)」「1/1 (月)」など

スプレッドシート
一方、Googleスプレッドシートは、私が取り急ぎ調べた中では表示方法が見つけられませんでした。表示形式の日付にもラインナップされていませんし、TEXT関数で、"aaa"と入力すると、そのまま「aaa」という値が表示されてしまい、曜日になりませんでした。

回避策として、NumbersもスプレッドシートもWEEKDAY関数であれば使用可能なので、VLOOKUP関数などと組み合わせる、と言ったように、手間をかければ曜日表示も可能になります。



■別シートの参照



【エクセル】
pc版と同じ操作が可能です。
すなわち、数式バー編集中に、別シートをタッチし、特定のセルをタッチするだけで参照できます。シート名を直接書き込まなくて良いので便利です。
別シート参照が出来ると、別シートにマスタ、パラメータテーブルを用意しておいて、計算用シートからVLOOKUP関数などで拾いに行くことができます。

スプレッドシート】【Numbers】
どちらも参照できません。
数式バーに「'シート名'!A2」などと入力しても参照してくれません。
シングルコーテンションを外してみると、スプレッドシートは一瞬イケそうに見えましたがダメでした。



■開封パスワード



驚いたことに、これが設定できるのは、Numbersだけなんですね。
(2018年2月現在)


Numbersは、画面右上にある詳細ボタン「…」をタップして詳細メニューを開き、「パスワードを設定」をタップすれば開封パスワードの設定が可能です。


エクセルは、設定することはできませんが、設定してあるファイルであれば、開くときにパスワード入力が求められるので、機能はしてます。


一方、Googleスプレッドシートは、設定できないどころか、開くことさえできません。

これは困ります。
確認せずに他のアプリから乗り換えたらいたたまれません。



ふぅ、取り急ぎと言いながら、iPhoneで書き起こしたら何日もかかってしまいました。とりあえずこんなところで。